辛い生理痛を和らげよう|おすすめの薬の選び方を解説

デリケートゾーンのケアに

お尻

有効な方法と注意点

膣の中を洗うことを膣内洗浄といい、デリケートゾーンの臭いなどにコンプレックスを持たれている方にオススメのケアです。膣内洗浄は、産婦人科の診療で行われることもありますが、自分自身でも可能なので、定期的に洗浄して清潔な状態を維持していきましょう。トイレに設置してあるウォシュレットでも洗浄することはできますが、衛生面を考慮するとオススメできません。又、膣の中ではなく外側の洗浄しかできないので、ウォシュレットは最適な膣内洗浄とは言えないでしょう。個人で膣内洗浄を行う場合、ドラッグストアや通販サイトなどで販売されている、ノズル付きのビデを利用するようにしましょう。ほとんどのメーカーの商品が使い捨てタイプで販売されており、そこまで価格は高くないので気軽に購入することができます。ノズル付きビデの使い方は簡単で、ノズルを膣内に入れ、容器の部分を押して精製水を流し込んで洗うだけです。膣内洗浄を定期的に洗うことで清潔感を保つことができ、おりものや汚れを洗浄できるので臭いの対策としても効果的です。但し、膣内洗浄を頻繁に行うと、抵抗力の低下が起こったり、善玉菌のバランスを崩してしまったりするので、適度な回数を守るようにしましょう。ノズル付きビデの洗浄液は、アレルギーなどのリスクを背負わないために滅菌蒸留水に限定し、必ず使い回しをしないようにして下さい。膣内はとてもデリケートな部分なので、清潔な状態のものを使うのが基本になっています。