辛い生理痛を和らげよう|おすすめの薬の選び方を解説

胃腸に負担が少ないです

医薬品

粒が小さいタイプが人気

若い年代の女性は、毎月生理日がありますが、下腹部に痛みを感じる生理痛に悩んでいる人が少なくありません。生理痛が重い人は、家事や仕事、学業などに支障が出てしまい、すっきりと起きることができないので、遅刻をしがちな人も多いです。生理痛を改善するためには、専用の薬がおすすめです。ドラッグストアや薬局では、市販の商品が販売されているので、口コミなどで人気の医薬品がおすすめです。おすすめの医薬品は、飲みやすい小粒タイプになっており、粒をコーティングしてあるため、苦みなども少ないのが特徴です。一日に3回服用する商品が多いですが、服用する間隔は4時間程度は空けて下さい。胃腸が弱くデリケートな人は、胃腸に負担の少ない商品が販売されているのでおすすめしたいです。生理痛は生理が終わる前になると、痛みが緩和することが多いですが、出血量の多い2日めや3日めは痛みが強くなる人が多いです。辛い痛みで悩んでいる人は、食後や食前に服用すると良いでしょう。胃腸が弱い人は食後に飲んだほうが良いですが、市販の薬は服用するタイミングには、特に決まりのない商品が多いです。口コミで評判の高い薬は安全性に優れており、眠くなる成分も含んでいないため、通勤や通学の前に服用ができます。生理痛は月経が終わると自然に治りますが、痛みが強い時は我慢をせずに服用したほうが、30分から、40分ぐらいを経過すると痛みが緩和して楽になります。自宅に保管をする時は、冷暗所に置いておくことが大事です。