辛い生理痛を和らげよう|おすすめの薬の選び方を解説

生理を早く終わらせる

お尻

膣内洗浄は、生理の終りかけの経血を洗い流したり、気になる匂いを取り去ったりすることができます。冬は、使用する前に湯船の中に浸け人肌になるまで温めると、快適に使用できます。過剰な洗浄は膣内の抵抗力を弱めるので、月に2回から3回に止めましょう。

詳しく見る

女性の下着

バスト

ブラジャーの種類はいくつかありますが、自分がどのブラジャーを付けてよいのかわからないという方は、まずワイヤーの有無で決めていくようにします。他にも運動用や寝る時に使うブラジャーもあるため、使い分けをして使用すると良いです。

詳しく見る

胃腸に負担が少ないです

医薬品

生理痛が重い人は、仕事や学業、家事などに悪影響が出てしまうので、専用の薬を服用するのがおすすめです。口コミで人気の医薬品は、眠くなる成分が含まれておらず、胃腸にも負担が少ないのが特徴です。小粒タイプの商品は飲みやすいのでおすすめしたいです。

詳しく見る

デリケートゾーンのケアに

お尻

膣内洗浄を初めて行う場合、しっかりメリットやデメリット、注意点などを抑えておくようにしましょう。専用の製品を活用すれば、自宅でも膣内洗浄を行えますが、正しい方法を知らないとリスクが高まってしまいます。

詳しく見る

豊富な商品が揃っています

胸

きれいなバストを維持するためには、用途に合わせた種類のブラジャーを選ぶ必要があります。ストラップレスのブラジャーは、背中や胸の開いたドレスを着用する時にお勧めです。ナイトブラは就寝中の横流れを防ぐ効果があります。

詳しく見る

鎮痛剤の選び方

薬

成分と特長を確認

毎月やってくる生理ですが生理痛で悩む女性は多く、強い生理痛がある場合には薬に頼りたくなるでしょう。生理痛で薬に頼るのは体に悪い感じがする、痛み止め使うとクセになりそう、副作用が気になるという人が多いですが、生理痛対策で薬を飲むことはおすすめです。生理痛で対策でおすすめの薬は鎮痛剤で、市販薬なのでドラッグストアなどで簡単に手に入れることができ、即効性があることから多くの女性が利用しています。ドラッグストアで鎮痛剤を購入する場合、様々な種類があるのでどれにしようか悩みますが商品によって配合されている成分が異なります。生理痛を緩和させる市販薬の成分にはイブプロフェン、アセトアミノフェンなどがあります。それらは生理痛の原因であるプロスタグランジンの過剰分泌を抑える効果をもっています。しかし年齢によって選ぶ成分が異なり、イブプロフェンは15歳以上、アセトアミノフェンは15歳未満におすすめの成分になっています。カフェインは生理の時のむくみはボーっとしてしまう意識を抑える効果があり、催眠鎮痛成分は興奮やイライラを抑える効果があります。また薬の副作用が気になる人は非ピリン系の鎮痛剤がおすすめで、鎮痛剤にはピリン系と非ピリン系があり、ピリン系は鎮痛効果が高く即効性がありますがアレルギーが発症する可能性があります。非ピリン系はピリン系の薬ほど効果は高くありませんが、薬の副作用が少ないため安心して飲むことができます。このように成分や特徴が異なるので自分の症状などを薬剤師さんに伝え、自分にあった鎮痛剤を選ぶといいでしょう。